クレイジーコンサルティングのWeb Journal|酒井勇貴

懸命に働く人と組織の”サクセスストーリー”を考えるWeb Journal

独立・起業をして一番困るのは何か?仕事か?カネか?

執筆者:酒井勇貴(合同会社クレイジーコンサルティング 代表社員

 

 こんにちは。合同会社クレイジーコンサルティングの酒井勇貴です。

 独立・起業・開業、どれにしても、組織を離れるということにはリスクがつきものです。

独立 起業 開業 メリット デメリット

 

 

独立・起業のメリット・デメリット?

 私はよく、研修・セミナーなどで参加者に対して、組織(会社)を離れることのメリット・デメリットを質問します。

 そこで出てくる答えは、概ね以下のようなものです。

メリット

  • 自由が手に入る
  • 自分の好きなことができる
  • 上手くいけば収入が大幅に増える

デメリット

  • 仕事が取れない可能性がある
  • 収入が不安定になる/ゼロになる
  • 社会的な信用がなくなる

 ほうほう、皆さん、やっぱり独立・起業・開業のメリットとして、「自由が手に入る」を挙げるのですね。

 たしかに、私も独立をして時間的にはいっぱいいっぱいですが(汗)、精神的な自由は手に入りました。

 でも、これ、気をつけないといけないところだと思います。

 多くの方がデメリットに「収入面の不安定さ」を挙げていますが、私の周りで独立・起業・開業後に大変な思いをされている方は、お金以外のことで苦労されていることが多いのです。

「自分で決めて自分でやる」という初めての世界

 それは・・・

 ”自分で決めて自分でやる”

 という未体験ゾーンに立ち向かえないということなんです。

 実は、多くの独立・起業・開業希望者は”自由”を履き違えています。

 これは、

  • ”命令に従わなくていい”
  • ”自分の好きなようにできる”

 なんていう生ぬるいものではないのです。

 組織に属するビジネスパーソンの多くは、

 「自分で決めて自分でやる」

 という経験をまずしていません。

 ほとんどは「上司が決めたことを自分がやる」というスタイル。中間管理職だと「幹部が決めたことを部下にやらせる」という場合もありえます。

 どちらも共通しているのは「自分で決める」というプロセスを生々しく体験していないということなんですね。

 組織の指揮命令系統を離れると、当たり前ですが決めるのは代表である自分の仕事になります。組織を離れるとよくわかるのですが、仮にやりたいことが明確であったとしても、自分の目の前には選択肢が無限にあることに気づきます。

 あれもできる、これもできる、どれも選べる。。。

 そんな状況下で、組織の指揮命令系統を離れたあなたは、すべて自分の責任・権限で決めていかねばなりません。

 でも、それが不安で不安で、ストレスになって身動きが取れなくなる方が多いのです。

自由になっても、結局は”誰かに判断を委ねたくなる人”も多い

 はっきりと言ってしまえば、こういう人は独立・起業・開業向きではないのかもしれません。

 ただ、これほど重要な「自分で決めて自分でやる」ということの重みを、ちゃんと話して”気づかせてくれる人”がとても少ないのも事実です。独立・起業・開業の相談に行っても、お金・生活費の工面などの話ばかりだったりします。

 でも、独立・起業・開業をして一番困るのは「自分で決めて自分でやる」の未体験ゾーンなのです。

 独立・起業・開業前はメリットと思っていた”自由”・・・・。

 でも、いざ「自分で決めて自分でやる」という現実と向き合った時に、”決める”という行為がなかなかできない。

 そして、いつも誰かに頼り、依存し、誰かのせいにする。

 独立・起業・開業をしても、結局は指揮命令系統に属していた

 ”組織人”

 のようになってしまうのですね。

会社にいてもできるトレーニングがある

 もしあなたが、本当に独立・起業・開業を考えているのなら、会社に勤めている間に、なんとかして「自分で決めて自分でやる」を体験しておくことをお勧めします。

 新規事業の立ち上げや、プロジェクトマネジメントなどなど。。。

 完全には無理でも、「自分で決めて自分でやる」という経験をある程度は得られるはずです。

 そこで、自分の”自由適性”を判断してみても良いのではないでしょうか??

 組織を離れるというのは、

 「自分で決めて自分でやる生き方を選ぶ行為」

 なのですから。