クレイジーコンサルティングのWeb Journal|酒井勇貴

懸命に働く人と組織の”サクセスストーリー”を考えるWeb Journal

営業のスキルアップに必ず寄与する”セカンドオピニオン力”とは?

執筆者:酒井勇貴(合同会社クレイジーコンサルティング 代表社員

 

 こんにちは。合同会社クレイジーコンサルティングの酒井勇貴です。

 昔々の若かれし頃、ある知人女性がこんなことを私に話してくれました。

 「私は、彼氏がいなかったことがない!」

 と。

営業 営業力 スキルアップ

 確かに素敵な女性なのでモテるのでしょうが、 容姿・性格以外にも、何か戦略的なものがあるのではないかと思いました。

 何か今後の私の人生でも役に立つノウハウが手に入るかもしれないと思い、思い切って聞いてみたのです。

 「彼氏が途切れない秘訣は、一体なんなのですか??」

 今思うと、女性にこんなことを聞くのは失礼なのかもしれませんが、その女性は快く私にその秘訣を話してくれたのです。

 それは。。。

 

 

いい男性には徹底的に”唾”を付けておく!

 「いい男性には徹底的に”唾”を付けておくのよ。それも、彼女のいる男性にね!」

 えええっ!!!

 それじゃ、略奪じゃないか!!

 と思ったのですが、別に浮気を迫るわけではないとのこと(よかった。。。)。

 ただ、仲良く友人としての関係を築いているだけ。

 彼女との関係がうまくいくように、相談にも乗ったりするそう。

 そこでは、決して相手の彼女の悪口を言ったりはせず、とにかく、その”唾を付けた彼”が彼女と上手くいくように親身になってアドバイスをするそうです。

 つまり、セカンドオピニオンをしている状態なのです。

 このセカンドオピニオンをしている男性が、常に5〜6人はいるとのこと。

 で。。。

 要するにこの5〜6人のストック(笑)のうち、1〜2人くらいは彼女に振られたりするわけです。。。

 その時、その男性が真っ先に声をかける可能性が高い女性は、、、、そう!

 この”セカンドオピニオン”を続けてきたこの女性!!!

 こうして、相手の交際を邪魔するわけでもなく、自分から迫るわけでもないのに、いい男性を手にしてしまうわけです。。。

 これには、すごい気づきがありました。

 確かに、素敵な男性にはお付き合いをしている女性がいることが多い。

 そして、多くの人は、交際中と知ればターゲットから除外してしまう。

 でも、違う。

 この私の知人の女性は、素敵な男性をターゲットから外すさず、

 しかも

 ”自らは特にアプローチはしない”

 という方法で成功を手にしていたのです。

 そして、これに類似した手法は、実は多くの人が使っていたのです。

 それは、

 ”デキる営業マン”

デキる営業マンの圧倒的な成約率は”セカンドオピニオン”という営業スキルから生まれていた!

 私は仕事上、成果を残せる営業マンと、残せない営業マンの違いを目の当たりにすることが多くあります。

 成果を出している営業マンのイメージは、

  • ヒアリングやセールストークが上手く
  • 驚くほどの行動量があり
  • 成約後のフォローもしっかりしている

 という感じだと思います。

 でも、圧倒的に違うのは、これらではないんですね。

 成果を出している営業マンは、

 ”失注先に対するセカンドオピニオン

 を徹底してやっているのです。

 普通の人間心理であれば、失注先に対して、あまりいい印象はもたないでしょう。

 せっかく何度も訪問し、提案書を作り、見積もり調整して、あれこれ親身になってやって、それに、

 「御社で決まると思いますよ!」

 と言っていたのに、蓋を開けてみたら、なんと競合先と契約してしまった。。。

 そんな会社にいい印象など、もつわけがありません。

 でも、違うんです。

成果を出している営業マンは、失注先とも良好な関係を維持している!

 成果を出している営業マンは、この失注先に対して、その後も変わらず良好な関係を維持してセカンドオピニオンを続けているのです。

 なぜなら、

 「やっぱり御社にしておけばよかった」

 と相手が後悔しているパターンは結構多いからです。

 でも、仮に後悔していても、先方は”あなたの提案”を断って競合先と契約したのですから、

 「やっぱり、御社に切り替えたいです。。。」

 とは、言い難いところがあるものなのですね。

 もしあなたが、親身な”セカンドオピニオン”を続けていれば、このタイミングを見逃さずに、あなたから”救いの手”を差し伸べることができるわけです。

 こういうパターンだと、成約率はとても高いものになります。

 (もちろん、本当に嫌な会社なら付き合う必要はありません。。。)

 このセカンドオピニオンの重要性に気付いている営業マンは、とくにスモールビジネスでは驚くほど少ないものです。

 あなたの会社でも、この”セカンドオピニオン力”を徹底してみませんか?

 営業マンのスキルアップになり、営業成果が飛躍的に向上するはずですよ。

まとめ

 「成果を出している営業マンは、失注先とも良好な関係を維持している!

 これは、紛れもない事実です。

 ”セカンドオピニオン力”は、間違いなくあなたの営業成績を伸ばしてくれます。

 ぜひ、明日から取り組んでみてくださいね(^o^)/。