クレイジーコンサルティングのWeb Journal|酒井勇貴

懸命に働く人と組織の”サクセスストーリー”を考えるWeb Journal

「独立する!」と決めたら真っ先にやるべき独立の準備とは?

執筆者:酒井勇貴(合同会社クレイジーコンサルティング 代表社員

 

 こんにちは。合同会社クレイジーコンサルティングの酒井勇貴です。

 バリバリやっているビジネスパーソンであれば、一度や二度ぐらい「独立」を考えたことがあると思います。

独立 起業 開業 準備
 しかし、実際に独立する方はほんの一握りです(汗)。

 「いつか独立します!」とずっと言い続けて、ずっと「独立準備」を続けたまま、独立をしない(諦める)という方が大半のように感じます。

 これは、仕方ないのかもしれません。

 家族がいて、家のローンがあって、親の介護があって、、、。

 みんな、それぞれ事情があって、なかなか独立に踏み切れないのだと思います。

 でも・・・。 

 独立ができる状況にありながら、「長い準備期間」が続くばかりで独立にたどり着けない人がとても多いように感じるのです。あるいは、たどり着けても、独立生活が続かない人も・・・。

 その理由は、

「間違った独立準備をしているから」

 なのではないかと・・・。

 

 

「貯金と人脈づくり」よりも大切なこと

 私のところにも

  •  「どうやって独立したのですか?」
  •  「どんな準備をしたのですか?」

 という相談がたくさん来ます。

 そして、

  •  「やっぱり1年分くらいの生活費を貯めたのですか?」
  •  「交流会とかで人脈づくりをしたのですか?」

 とたくさん聞かれます。

 このとき、強く思うのです。

 多くの人が、

 「サラリーマン時代にできる独立準備を間違えている」

 と・・・。

 たとえば、よく聞く独立準備が「人脈づくり」。

 おそらく、多くの人は、

 「辞めたときに仕事がもらえるかもしれない」

 と考えて人脈づくりに勤しむのでしょうが、そんな「くれくれ精神」の人は真っ先に避けられる対象です。

 あと、よく聞く独立準備は「貯金」でしょうか。

 人によっては

 「3年は生活できる資金を貯めておけ」

 とアドバイスしたりしているようですが、はっきり言ってそんなことをしていたらいつまでも独立できません(汗)。

 たしかに、貯金はあるに越したことはないでしょうが、正しい準備と活動ができなければ、ただ延命期間が少し伸びるだけです。

 では、一体何をすれば、、、

辞めることを確定させて全力で成果を出す!

 まず、真っ先にやるべきは、

 「100%辞めることを確定させること」

 です。

 別に、今すぐ退職願を出せと言っているわけではありません。

 もう、「いつ辞めてもいい」と腹を決めるのです。

 そして、その覚悟を武器に、

 「今の会社で思いっきりビジネスをして成果を出す」

 ことに挑戦しておくのです。

 例えば「新規事業」や「新商品開発プロジェクト」など。

 どうせ「いつ辞めてもいい」と覚悟を決めているのですから、あなたは既に”失敗・降格・減給・リストラ”を恐れない

 ”最強の戦闘民族状態”

 なのです。

 自分の信念と顧客最適を貫いて、思いっきりビジネスができるようになっているのです。

 たとえば、これで何か大きな成果を出すことができれば、それこそ独立するあなたの”強力な武器”になるはずです。

「自分で決めて自分でやる」という経験が大事!

 それに、仮に失敗したとしても、

 「自分で決めて自分でやる」

 という何ものにも代え難い「経営者・事業主」としての体験の一部をしているのです。

 そう、実はもっとも重要で絶対にやっておくべき独立準備は、

 「自分で決めて自分でやる」

 という経験を積んでおくことなのです。

blog.crazyconsulting.net

 仕事に繋がる人脈づくりは、独立してからでも十分に間に合います。

 いや、そういう”本気度の高い人脈"は、あなたが

 ”本気で独立をしてから”

 でしか獲得できないと思っていた方が懸命です。

 「自分で決めて自分でやる」

 という気概に満ちたあなたであれば、きっとそういう人脈がすぐにできるはずですよ。